ランドセルの「軽さ」の本当の意味とは!?

Pocket

ランドセルの軽さ

実は軽いランドセルの「軽い」の意味は本体の重さではありません。

本体重量は材質で決まると言われています。

材質には「クラリーノ(人工皮革)」と「牛革・コードバン(天然皮革)」の2種類があります。

重量でいえばクラリーノは軽いと言われ、牛革は重いとされています。

実際の商品で比較してみると、こんな感じです。
・クラリーノ素材ランドセル→:フィットちゃんランドセルあい・愛ティアラ:1,080g前後
・牛革ランドセル重量→土屋鞄製作所牛革ベーシック:1,310g前後
その差は230g程度です。

ちなみに1年生の算数教科書(日本文教出版)は377gあります。

教科書1冊分の違いもないくらいだから、実際のところは本体重量での違いってそんなに気になりません。

 

★本当に大切なのは【体感重量】です!

本当に気にしないといけないのは、次に説明する「体感重量」なんです。

体感重量とは(背負い心地・フィット感)のことで、機能やデザイによって大きく変わってきます。

だから、軽さということで本当に注目すべきは「3位:機能」となります。

どの部分の機能に注目すればいいかというと、

・肩ベルトの付け根の背カン
→動く背カンで、成長&体型に合わせて背負やすさが向上します。

・肩ベルトの形状
→体に沿う湾曲形状にすることで、体への負担が軽減され軽く感じられます。

・背当て部のデザインと素材
→清潔性と快適性を保つデザインや素材の採用で、背負心地がよく蒸れません。

の3点です。

 

具体的に言うと「動く背カン」や「背当て部のクッション性や通気性」によって、軽く感じるかどうかの体感重量は違ってくるのです。

また、肩ベルトの形状によって、

動く背カンで有名なのは、『フィットちゃん背カン』『天使のはね』です。

多くのランドセルブランドで採用されているので、どちらかの動く背カンが付いていれば問題はありません。

また、背当て部分の快適性も各ランドセルブランドで改善が進んで、背負い心地の良さは向上しています。

ランドセルブランドの公式サイトを見れば分かりますが、背負いやすいランドセルの開発研究はかなり進んでいます。

そして改善されているといえば、「材質」もかなり進化しています。

進化しているランドセルの材質についてはコチラのページで詳細を説明しています。>>進化しているランドセルの材質